起業家支援財団
HOME財団について事業内容トピックスメディア掲載お問い合せ
HOME > 事業内容 > 起業家支援財団第4期奨学生紹介
飾り

起業家支援財団第4期奨学生紹介

飾り
 

氏 名:伊藤 希
大学名:東京農業大学
論文名:農業縁結び屋
概 要:昨今の農業ブームの中、「農業を始めたい」「農業で生計を立てたい」と相談センターを訪れる人が後を絶たない。しかし、実際に就農できた人は、相談に来た人の2.8%。農業に興味があるものの、さまざまな理由で夢をあきらめてしまった相談者が97.2%を占めている。そこで、こうした就農希望者をターゲットにして、人々の就農への障害を取り払い、就農までを円滑に誘導する無料サービスを行うビジネスプランを提案する。


 

氏 名:尹 華
大学名:昭和女子大学 大学院
論文名:Online Help Master-Mobile
概 要:世界各国で活動する若い者、及び勉強する者に対するOnlineでの助けや助言などをリアルタイムで24時間連動する。現在、これからの時代の中で大きな変化を起こさせるSmart Mobile Phone市場をいかしたApplicationである。例えばどんなっ国でどこに行っても現地人、自国の人、または他の外国人から助けや助言を24時間リアルタイムで受けられることにより、不安や心配の無い海外への渡航を可能にする優れた機能のApplicationにより、勉学、生活、事故、アドバイス、ささやかな問題まで解決することを可能にする。現在でも、Online化された生活に問題はないが、やはり海外ではいつ何が起こるかわからない中で、このApplicationは時や場所の関係ない24時間リアルタイムサービスを可能にする。世界をもっと身近に感じることのできる、グローバリストに適したリアルタイムApplicationである。


 

氏 名:大川 晋平
大学名:東京大学 大学院
論文名:都市近郊農地を生かした農地ライフスタイルの創出
概 要:都市近郊の田奈地域を舞台に、農的ライフスタイルを創出し、地方と都市部の不均衡を解消し、人間らしい暮らしやそれを支える新しいコミュニティを創出するため以下の3つの事業を行います。一、耕作放棄地や使われていない住宅を利用し、不耕起栽培、住宅のセルフリノベーションなど、ネットワーク力と自給力を高める方法を提案する。ニ、ネットワーク作りのための古民家などを利用したシェア/ゲストハウス運営。三、ITを利用したコンテンツ制作のコンサルティング。以上の3点を有機的に結び付けることで、都市部の高エネルギー依存で生きづらいライフスタイルから脱し、より人間らしく暮らせる社会への流れをプロデュースします。


 

氏 名:大木 洵人
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:聴覚障がい者向けIT企業シュアールグループ
概 要:聴覚障がい者の生活には、いまだに多くの問題が改善されずに残っている。聴覚障がい者が受けられるサービスは聴覚障がい者が受けられるサービスはコストが高くで不便な点が多い。また、聴覚障がい者の多くが障害者年金に頼って生計を立てており、社会生活の中で彼らが力を発揮できる機会も乏しい。その背景には、聴覚障がい者向けサービスの費用対効果の悪さや聴覚障がい者に対する社会全体の意識の低さがある。そこで私は、IT技術を駆使し、費用対効果の優れた高品質なサービスを聴覚障がい者へ提供することを考えている。今まで、手話の世界は手話歌や手話ドラマなどの芸術分野に偏った活動が中心であったが、私はメディアと手話を結びつけた新しいサービスを展開していく中で、人々が抱いてきた今までの手話のイメージを一新させつつ、聴覚障が者の生活を改善する福祉系ITベンチャーとして社会へ大きなインパクトを与え、福祉事業全体に新風を巻き起こす。


 

氏 名:大室 倫子
大学名:神奈川大学
論文名:Lady's Care Salon −介護にお洒落とエンターテイメントを−
概 要:お洒落心は若さの秘訣!女性はいつまでも、Lady。要介護・支援認定の女性を対象に、『お洒落で、楽しい、女性ならではの生活』を送る為の施設を低料金で提供する。通常は、機能訓練専門のフィットネスクラブとしてヨガやエクササイズを行う。介護保険「デイサービス」の適用施設とする為に、通常料金のわずか1割で利用できる。休日は、企業や各種専門学校と提携する為に低料金で楽しめるイベント(美容系講座、料理講習や介護食の試食会、専門学生の実習等)を開催。ターゲット層が限られている為に企業の宣伝・データ収集効果も高く、またフィットネスクラブの宣伝も兼ねている。


 

氏 名:岡林 瑞佳
大学名:法政大学 大学院
論文名:プロピオ
概 要:衰退しつつある村落には、画一化された都市にはない観光資源が多くうもれているが、地元の人はその価値に気付きにくい。よって、よそ者がその魅力を発見することをひとつの観光とし、地価をあげ、雇用を創出することで過疎化に歯止めをかける。同時に、その発見を地域の人々と語る場を提供することで、観光客は受け身的な観光でなく、協同的な観光を享受するソーシャルビジネスを目指す。


 

氏 名:小塚 遼
大学名:京都大学
論文名:色素増感型太陽電池広告事業
概 要:この事業は将来、地球環境問題の解決に大きく貢献するであろう色素増感型太陽電池の認知・普及を促進することを目標としています。従来の太陽電池とは違い、デザイン性が高く低コスト低エネルギーで生産可能な色素増感型太陽電池を広告として利用します。この際、太陽電池が発電する電気量は大きなものではないですが、消費者に企業に対するエコイメージを持ってもらい、企業のイメージアップにつなげます。


 

氏 名:小野 竜介
大学名:東海大学
論文名:立ち上がれ日本、戦え若者!
概 要:日本を若者から盛り上げていこうをコンセプトにタコ焼き食べ放題ドリンク飲み放題の格安均一料金の居酒屋をたてる。そして一番のセールスポインとは居酒屋にステージをつくり路上ライブをしているミュージシャンの卵、お笑い芸人の卵、大道芸人などなど夢を追いかけている若者に場所を提供し少しでも日本の若者の挑戦に手を貸し自分自身も日本一の居酒屋グループを目指す。


 

氏 名:垣内 俊哉
大学名:立命館大学
論文名:ユニラボ 〜障害者のITリテラシー向上による雇用促進〜
概 要:誰にでも平等であり、五体不満足等関係ないWebというフィールドを活用し、障害者のITスキル向上を図ります。弊社独自の教育プログラムの提供と、障害者が求める外出等に関わる情報を提供し、10〜40代の障害者5万人のサービス利用者獲得を目指します。就労に必要なスキル向上と企業への橋渡しを行い、障害者が働いて当たり前の時代、障害者がいることで業績が伸びた!などと叫ばれるような障害者が企業の戦力となる時代へと変えていきます。


 

氏 名:郭 登極
大学名:東京大学 大学院
論文名:超高感度センサーデバイスのベンチャー事業
概 要:21世紀に入ってから、超高速光通信・環境配慮・バイオ医療・ナノテクノロジー等のキーワードが多く挙げられています。そういったデバイスの超高感度・超高精度を実現するのに、超高感度の能力を有するセンサーデバイスは不可欠です。従来のセンサーデバイスの動作原理では感度の突破が難しく、革新的な原理・技術を用いたセンサーデバイスを開発してほしいというニーズがあります。本事業で用いる超高感度検知技術は、従来にセンサー技術と異なって、超微細加工技術(ナノ加工)によって作製したナノ構造の特性をうまく利用した技術であり、従来のセンサー感度より大幅に改善することが可能になります。従って、このようなデバイスを作製し、超高感度センサーデバイスを必要としているさまざまな装置メーカに販売することにより、産業界に貢献するとともに利益をもたらします。


 

氏 名:片山 智弘
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:Webテスト.jp
概 要:従来の就職活動のWebテスト対策は書籍による対策が一般的です。しかし、高価でかつ一種類のテストしか対策できず、しかも本番と同じ感覚で受けられないことが課題になっています。さらに、就職難から近年の就活生の危機感や不安感は非常に増大しており、大学での課外活動や研究・学業の妨げにまでなることもございます。よって、弊社は比較的安価で本番とほぼ同様で、販売されている多数のテストを網羅したWebテストの勉強ができるe-ラーニングアプリケーションを自社開発し、これにサブコンテンツとして面接やGDの情報やキャリアコンサルタントのWeb連載、およびOBOGのメルマガのメッセージを加え、就活生に「安心感」の与えられるようなサイトを構築し運営いたします。収益モデルは広告とコンテンツ課金とを組み合わせて安定化させ、単年度黒字化、および3年後に間売上3000万円を目指します。(WEBテスト.jp−就活生のための無料WEBテスト対策 http://webtest.jp/)


 

氏 名:鎌田 泰亘
大学名:慶應義塾大学
論文名:大学生向けの教科書のレンタル&売買サービス
概 要:大学生の年間教科書代は文系で平均2万、理系で3万とも言われている。学費を払えない学生が多くいる中で、これらの教科書代の負担は大きい。必要な時だけ必要な教科書をレンタルすることで年間50%以上の教科書代を削減することができる。


 

氏 名:苅谷 翔太郎
大学名:早稲田大学
論文名:E-learinsシステムを利用した教育マッチングサイト運営
概 要:Web上に教育のプラットフォームを構築し、学びたい人と教えたい人をマッチングさせる。教えたい人に学習コンテンツ(映像授業)を作成してもらい、それをサーバーに保存する。学びたい人が興味のある分野を検索すると、学習コンテンツ一覧が表示されるようにし、受ける講義を選択する。


 

氏 名:川口 真利奈
大学名:東京大学
論文名:わんにゃん あったか ふぁみりー
概 要:ペットホテルともペットシッターとも違う、新しい犬のお留守番のかたち。狭いケージ内で犬を管理するペットホテルは、ペットにかかる負担の大きさという点から、長期利用には向かない。ペットシッターを雇っても、契約時間以外は、犬を保護する人がいない。これらの問題を解決するべく、一般の家庭に犬を預かってもらうというのがこの事業のコンセプトである。謝礼をもらってペットを預かりたいという人と、ペットを預けたいという人を募集・紹介し、紹介料を得る。


 

氏 名:鐵穴 博満
大学名:慶應義塾大学
論文名:「Webアプリのオンラインマーケットの構築」
概 要:Webアプリケーションのオンラインマーケットを構築し、Webアプリの開発者が自由にWebアプリを投稿でき(常識の範囲内での動作確認あり)、また、Webアプリを探すユーザーが自由にWebアプリを利用出来るようにします。iPhoneアプリのApp Store、Androidアプリのandroidマーケットに対する第3極として、Webアプリのマーケットプレイスになることを目指しています。


 

氏 名:小嶋 秀徳
大学名:東京工業大学 大学院
論文名:デジタル教科書による次世代教育を実現・促進するタブレット端末及びソフトウェアの開発
概 要:デジタル教科書の必要性が官民双方から提唱されている。ICTを駆使して教育を提供するデジタル教科書は、指導者中心型から学習者中心型へ教育をシフトさせ、学習者のレベルに応じて能力を最大限に伸ばす次世代教育として期待されている。この実現には、学習者の学習状況を把握し、それに応じた教育を提供する優れたタブレット端末が不可欠であるが、現状これを満たす端末は存在しない。私は、デジタル教科書を実現・促進するためのタブレット端末の開発を目指す。


 

氏 名:佐橘 一旗
大学名:慶應義塾大学
論文名:バザーリー
概 要:オークションサイトやECサイトなど、インターネット上で個人が「モノ」を流通させる為のサービスは数え切れないほど多く登場している。我々はその次段階として、インターネット上で個人が「モノ」だけでなく「サービス」をも容易に売買可能にするサービスを提供し、SNS等のソーシャルツールを連携させることで能力の高い個人が企業に就業せずとも活動可能になるフリーランス社会の実現を目指す。


 

氏 名:柴田 尭
大学名:横浜市立大学
論文名:スマートフォンを使った価格比較アプリ
概 要:手にした商品のバーコードを「ピッ!」と一瞬で読み取り、目の前の商品をオンラインショッピングサイトから検索された価格で比較し買うことができるアプリです。お店の商品を、レストランのワインを、本屋で手に取った本を、カメラをかざすだけでピッ!と購入できます。普及・拡大が見込まれるモバイル端末のフィールドで、「スマートフォンでお買いものを変える」という理念のもと活動しています。


 

氏 名:杉山 ひかり
大学名:東京大学
論文名:食生活改善をサポートするWebサイトの設営
概 要:人々の食生活改善に役立つ情報を配信するWebサイトを作り、メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病をはじめ、便秘や肌荒れなど、栄養の偏りによる不調の改善を目指す。ユーザーが1日に食べた物を入力すると、食事バランスガイドにおける各項目の食品をどれだけ摂取できたかと、どの項目がどれだけ過多または不足しているかとともに、改善に役立つ食材の具体例が個々に合わせて表示され、ユーザーがそれを参考に食事を見直すことができるようにする。


 

氏 名:竹 康宏
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:Drico
概 要:Dricoはタンブラー向けの飲料販売事業である。リユース(再利用)に多くの課題を残すペットボトルの代替容器として注目されるタンブラーの普及を目的とする事業である。具体的には、タンブラーの普及に向け、街中や商業施設におけるタンブラー向け飲料の提供システムを確立する。飲料は2つの手段で提供を行う。1つはタンブラー向けの自動販売機を用いた販売である。2つ目は街中のコミュニティカフェや喫茶店を通じて飲料を提供する。タンブラーの底面には、SuicaやPASMOで利用される非接触通信ICチップを埋め込み、加盟店舗や自販機に設置された読み取り機の上にタンブラーを置くことにより、利用客のデータを収集可能である。このデータはサーバーに集約され、携帯端末、パソコン上での連動サービスの運営や各種ポイントサービス等のマーケティングに活用される。


 

氏 名:田辺 紀博
大学名:横浜市立大学
論文名:空きオフィス・工場のコンバージョンによる野菜ビジネス
概 要:「横浜を先進的なまちへ」をミッションとし、建物内で野菜を栽培する、植物工場ビジネスを行っていく。工場にする建物は空きオフィス・工場を利用しコンバージョンすることで、植物工場にする。販売チャンネルは主にコミュニティスペースでの販売を行う。これにより、地域コミュニティを再生する・おいしく・新鮮な野菜を消費者に届ける・新たな第一次産業の仕組みをつくるというビジネスビジョンが達成される。


 

氏 名:田宮 幸根
大学名:玉川大学 大学院
論文名:栄養ドリンクの開発・販売を行うドリンクショップ
概 要:栄養のバランスを考えた調理や日々の生活で必要な栄養素を確実に得ることは、個人の力では難しい。そこで本企画では、通勤・通学中の会社員・学生、買い物帰りのお客様等を対象に、健康維持、必要栄養確保のためのおいしいドリンクを開発、販売を目的とした経営をするものである。


 

氏 名:土屋 美樹
大学名:立教大学 大学院
論文名:世界が集合−複合型レストランの経営−
概 要:複合型レストランというのは、世界各国の料理を出すレストランを組み合わせ一つのフードモデルになったような、まさにそこが小さな世界(地球)となるような感じです。提供するものも、その国の独自の料理をなるべくその国のもの○○産などにこだわりたいと考えています。


 

氏 名:中村 美穂
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:参加型保育園事業−待機児童問題を解決する新たな保育園運営−
概 要:待機児童問題の背景には、認可保育所の行政負担と認可外保育所の収益性確保の難しさがある。そのため、安心して安定的に預けられる保育園が少ないのが現状である。参加型保育園は、補助金に頼らない自立運営によって、ニーズに合わせたスケールアウトを可能とする。また、インセンティブ制度の導入により、保育士のモチベーションを高め、質の高い保育サービスを提供していく。


 

氏 名:平井 祐理
大学名:東京大学 大学院
論文名:ケータイでプレゼント
概 要:「ケータイで気軽にプレゼントを贈ることのできるサービスを提供することで、ヒトとヒトとの絆を深める」ということが本事業のコンセプトです。携帯電話のメール機能を用い、メールとともにプレゼントを贈ることで、遠くにいる人にも近くにいる人にも気軽に思いを形にして届けることができます。また、「モノ」というよりもクーポンによって「コト」をプレゼントすることで、差出人・受取人双方の手間を省くことができます。


 

氏 名:許 成原
大学名:立命館大学
論文名:ちょこっとアンケート
概 要:「人は動く」一般的な生活をしている人は毎日移動している。通勤・通学・旅行・・・。このプランは移動時間を利用してアンケートを取るというビジネスプランである。顧客である起業から依頼を受けアンケートを作成し、バスの乗客にアンケートを取る。アンケートを行うことで乗客は割引券やクーポン等を得られ、退屈な移動時間を有効活用することができる。


 

氏 名:村木 謙介
大学名:東京大学
論文名:Voice Learning
概 要:Voice Learningとは、ボイスメールを主な媒体として、英会話をネイティブスピーカーから安価に教わることができる語学学習サービスである。英会話を学ぶ方法として英会話スクールに通うことやスカイプ英会話(スカイプを用いないオンライン英会話も含む)などがあげられるが、英会話スクールは価格が高く頻繁にレッスンをうけづらい、スカイプ英会話は初〜中級者にとって敷居が高いなどの問題を抱えている。そこでボイスメールを媒体としてレッスンを行うことで、教師に支払う報酬を大幅に削減でき、また初学者から上級者にかけて効果的なレッスンを行うことができるようにする。これらの事業を通じて日本人の英会話力を大きく上昇させることを目標とする。


 

氏 名:毛利 友哉
大学名:慶應義塾大学
論文名:「Relma」
概 要:小売店に陳列されている商品の値札に付記されたバーコードから、消費者が気に入った商品をマイページの買い物かごにストックし、「後買い」出来るサービスを特徴とする、リアル店舗とECサイトを融合させたリアルECサイト「Relma」(リルマ)。比較検討し購入する消費者に「店で自分が手にとって安心した商品を、簡単に携帯で読み込み、後買いをECサイトでさっと便利にでき、後で買えずに後悔する事がなくなる」事を、主に訴求する。


 

氏 名:元田 雄介
大学名:東京大学 大学院
論文名:コンビニを使った自転車のレンタル
概 要:いつでも、誰でも使用できる自転車を全国のコンビニに備え付け、多くの人が手軽に自転車で移動できるようにするための事業である。現在全国でコンビニは約6万店舗あり、またその多くが24時間営業であることを活かし、自転車の盗難等の犯罪を減らしながらも、高い利便性を追求するサービスを目指す。さらにこのサービスが大きくなり、多くの人が利用するようになれば、環境問題の一助になると考えられる。


 

氏 名:矢島 里佳
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:子ども向けの伝産品市場の開拓
概 要:2011年3月に株式会社和える(あえる)を起業します。子ども向けの伝統産業品市場は未開の地。だからこそ、ここに可能性と重要性を感じ、株式会社和えるは立ち上がります。子どもたちの日常生活の中に、伝統産業品が当たり前に存在する環境を作ることに取り組みます。それを通じ、「幼少期からの和のラグジュアリー」という、新たな価値観をブランドコンセプトとして発信していきます。和えるは、時代に即した生きる伝統産業を、次世代へ繋げていくことを使命とし、動き出します!


 

氏 名:矢萩 寛人
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:クラウド技術を用いた小規模小売店向けのPOSシステムの開発と提供
概 要:本提案は提案者の矢萩が有するクラウドコンピューティング型ソフトウェア開発技術の下オープンソースプラットフォームベースのマルチテナント・SaaS型POSシステムを開発するものである。クラウド技術を多く活用する事で今まで高額だったPOSシステムの低価格化を図るほか、導入準備期間の短縮を実現する。この低価格を武器にBRICs各国の小規模小売店やVISTA各国の小売店におけるPOPシステム導入を促し、各国の小売業の労働生産性の向上を図る。


 

氏 名:吉永 俊
大学名:慶應義塾大学
論文名:企業訪問on Skype
概 要:企業訪問on Skypeとは、パソコン上で気軽に企業訪問できるサービスである。スカイプによって企業と学生をマッチングさせ、学生は企業訪問を、企業は学生とのコミュニケーションを図ることができる。パソコンとマイクさえあれば、スーツを着ていなくても、電車に乗らなくても自宅で企業訪問ができるこのサービス。営業活動やその他の作業以外は全てウェブ上で行うので、事業拡大が容易であり、かつ初期費用・運営コストが極めて小さい。


 

氏 名:閭 淋
大学名:慶應義塾大学 大学院
論文名:つなぐ!ウォータービジネス
概 要:「BOPにつなぐ!ウォータービジネス」というビジョンを持ち、水市場における投資の偏りを是正し、メーカーフランチャイズを創案し、地産地消で家庭用浄水商品を現地「農民小組」の販売によって、低コストでBOPに販売する事を通し、BOPの水市場を開拓するのがBOP水事業開拓先進組のミッションであり、又、ウォータービジネスを通し、日本の優れた浄水技術とうまくコラボレーションをし、BOPの水をアクティブにしていく。



↑ページ先頭に戻る
公益財団法人 起業家支援財団
横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター  TEL:045-263-9222
個人情報保護 サイトポリシー お問合せ
© 2007 - 公益財団法人 起業家支援財団 All rights reserved.