起業家支援財団
HOME財団について事業内容トピックスメディア掲載お問い合せ
HOME > トピックス > 第18回 学生起業塾実施報告
飾り

第18回 学生起業塾実施報告

飾り

日時 2010年6月8日(火) 14時00分〜17時00分
場所 財団法人神奈川産業振興センター 6階大研修室
参加人数 奨学生19名、その他3名、事務局3名、計25名

2010年度第2回目の学生起業塾を開催しました。アスリート支援やスポーツ振興事業等を行うブルータグ株式会社代表取締役社長の今矢賢一氏より、「何のために起業するのか?」との演題のもと、ご自身のキャリアや起業に至る経験、奨学生へのメッセージをいただきました。今矢氏の講演の後、奨学生の須山奏さん(慶應義塾大学大学院)と笹倉由貴江さん(東京理科大学大学院)がそれぞれ起業プランを発表し、意見交換を行いました。


【講演概要】
演題 何のために起業するか?
講師 ブルータグ株式会社 代表取締役社長 今矢 賢一氏


今矢氏からは、冒頭、起業を考えていることは素晴らしいことだが、簡単なことではない。厳しい時は必ずあり、その時には原点に返ることが必要となる。「何のために起業するのか」を考えておくことが必要であると、この日の演題について説明がなされました。

続いて、ご自身のキャリアが紹介されました。今矢氏は、大阪生まれで、14歳でオーストラリアに移住し、スポーツにどっぷり浸かった環境で8年間生活しました。中でもサッカーに打ち込みました。ちなみに、今矢氏の弟さんは、ヨーロッパでプロサッカー選手として活躍しました。今矢氏は、その後、縁があって日本に戻り、インターネットの仕事に就きます。インターネットに出会い、これは凄いことになると感じ、起業しようと会社を辞めました。しかし、当時は会社を設立するためには資本金1000万円が必要であったため、起業することができませんでした。

そこで、組織をつくる前に、自分自身が新たに事業を創造するメンバーになってお金を貯めようと考えました。その後、今矢氏は、祖父母からの出資と、縁あって出会った証券会社社長からの出資を得て2000年3月に会社を設立しました。この会社は、インターネット広告の効果測定を行っていましたが、2年後に追加出資が難しい状態になり、バリューコマースに会社ごと売却し、ご自身は、同社の役員となりました。

今矢氏は、2004年のアテネオリンピックのときに、アスリートの遠征費が自腹であることを知り、日本は経済大国なのに、この選手たちを支援できないのはおかしいと感じます。そこで、社内の一事業としてアスリート支援事業を開始し、2007年に独立します。

スポーツは社会を元気にするエネルギーがあるので、アスリート支援は価値があります。しかし、大きな企業やスポンサーに頼るのは限界があり、「小さくたくさん」集めることが必要です。ブルータグでは、ブルータグショップで商品を購入した金額の5%がブルータグの認定したアスリート(ブルータグ・アスリート)の支援にまわります。このほか、企業には法人サポート会員として協力を得ています。ブルータグの活動は少しずつ広がっていますが、課題はまだ多いと感じています。

資金調達において、起業家の本気が試されることが述べられました。投資する側は、「こいつ、本気でやるのかな」と見ているので、投資家には「このアイデアを実現するために資金が必要なんです」というレベルでアプローチすると痛い目にあう。何のために使うのかをしっかり考えるべきであり、行きつくところは人間力だと説明されました。

最後は人間力だという点では、起業家もアスリートも同じであると言います。特にブルータグアスリートたちがやっているのは、所詮、マイナースポーツであり、これで食べていくことは難しい。しかし、情熱は大事。お金がないからできないという人は、結局、お金があってもできないので、そういう人は、やめたほうがいいとの諌言がなされました。

また、「何のために起業するのか」ということと関連して、ご自身の経験を振り返りながら、本気に打ち込めることは、簡単には見つからない、と説明されました。今矢さん自身、当初はインターネットの世界をリードしたいと思い起業したが、このときは本気かどうかわからなかった。しかし、今ではアスリート支援が自分のライフワークになっています。やりたいことが見つからなくても、起業してから見つかることもあるとアドバイスされました。

最後に、事業を進める中で危機に直面したときには、自分自身の気持ちの準備が必要であると述べられました。自分自身の気持ちの準備とは、誰から言われても「これがやりたい」と言えることであり、そのためには行動が必要であると締めくくられました。

第18回学生起業塾の様子第18回学生起業塾の様子

↑ページ先頭に戻る
公益財団法人 起業家支援財団
横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター  TEL:045-263-9222
個人情報保護 サイトポリシー お問合せ
© 2007 - 公益財団法人 起業家支援財団 All rights reserved.